月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2020.05.19ブログ

お灸を自宅でする、ツボをアドバイスしています 三陰交の据え方

自宅でお灸ができると、ちょっと調子が悪いなと思う時に、
助かります。

 

今日は、ぜひ女性の方に据えてほしいツボをお伝えします。

 

三陰交

 

三陰交

このツボは、とても有名なツボで、
不妊症にもよく使うツボです。

 

三陰交の効果

 

婦人科系疾患、生理痛緩和、生理不順、子宮の血流増加、冷え、足のむくみ、
女性ホルモンのバランスと調整、更年期障害、安産のお灸、陣痛促進、など。

 

 

ツボの探し方

 

ツボを探すときには、
その人の手、指などを指針にします。

 

三陰交は、内くるぶしの一番高い所から、
その人の指、4本分の幅、膝の方に上がったところです

脛骨という骨の上には乗らず、ふくらはぎ側にあります。

押して痛い場合もありますが、
決して、痛いところがツボというわけではありませんので、
ぐいぐい強く押すのはだめです。

表面を軽くなでると少し、へこんだところです。

 

慣れてないと、凹んだ感じがわかりにくいかもしれません。

 

ごく軽くなでてください

 

そこに、市販のお灸でいいので、
据えてみましょう。

 

左右 一壮ずつ据えます。
(お灸は、一回を一壮(いっそう)といいます)

 

熱いのを我慢するのではなく、気持ちいいくらいの熱さでしましょう
もし、熱いと感じたら、取りましょう。

 

まずは、週に2、3回から始めてみましょう。

 

お灸をしてはいけないとき

食後30分
入浴の前後
熱がある時
体調がとても悪い時