月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2020.05.09ブログ

加古川市で女性鍼灸師が一人で営業しています

鍼灸院はたくさんありますが、

加古川市、高砂市、姫路市、明石市周辺では
女性の鍼灸師はまだ、割と少ないようです。

 

初診で来られた方にお伺いすると

女性の先生がよかったので、

と言われます。

 

他にもありましたか?と聞くと
女性一人でしている鍼灸院はまだ少ないようです。

 

関節の検査の風景

 

 

話は、飛びますが、

今、専門学校では、女性の割合が増えて、女性の方が多いところもあるようです。
私が通っていた約10年前は、どの学年も男性の学生の方が多かったです。

女性の鍼灸の受療率(鍼灸の場合は、こういいます)

は増えているようです。

理由は、働く女性が増えて、メンテナンスのニーズが増えた。

美容鍼などにより、鍼灸が世間に知られるようになった

 

ですから、今後は、鍼灸院は女性の鍼灸師の働く場が増え、
患者さんも増えると思います。

 

そして、これからは、体は、自分で管理していかないといけない時代になってきています。

 

病気になってから、病院へというのではなく、

体調不良の時に、相談できるところを見つけておくという事が重要になります。

 

安心にもつながりますし、

ひどくなる前にケアすることが大切です。

 

当院では、体調がなんとなくすぐれない、
病院では異常がなかった

という症状の方も、施術されています。

 

東洋医学の未病という考え方で診断するので、

施術が可能なのです。

 

東洋医学は、お体全体のどこが弱っているかを
瞬時にみつけ、それに応じたツボに針、お灸をすることで
お体を元気にしていきます。

 

ですから、検査結果は必要ありません。

 

その方の症状をお伺いして、脈、肌の状態を診て、
東洋医学の五行論に基づいて、診断していきます。

 

明日は、東洋医学の五行論について、
お話してきます。

 

待合室の風景