月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2019.04.07ブログ

生理の話

今日も、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

生理の話って、あまりしないですよね。

 

生理痛の写真

 

自分の生理(月経)が、正常なのか、なにか異常があるのか、
人と比べた事がないので、判断ができないと思います。

今日は、そんな生理の話です。

 

基本の基本ですが、

生理痛で薬を飲まないといけないのは、健康ではありません。

薬は、痛みを忘れさせているだけ。
治っているわけではないのです。

 

 

今、小学生でも、生理痛の薬がありますね。
ドラックストアで、だれでも購入可能です。

朝のワイドショーのコマーシャルで、10歳から飲める生理痛の薬の宣伝を見たときは
ショックでした。

販売しているということは、購入する人がいる。→飲んでる小学生がいるという事なので。

え???

小学生で、生理痛があって、薬飲んだらあかんよ!!

改善する方法を考えましょう

 

 

患者さんで、20年生理痛の薬を飲んでいた方が、飲まなくてよくなったと
喜こんでいただきました。

 

私「20代という事は、10代から飲んでます?」

患者さん 「はい。高校生から飲んでました。」

それ、ほっといたらあかんやつやん!

 

私には、驚きですが、

 

知らない方は、それで、普通、と思っているんです。

 

妊活で来られた方だけでなく、当院に来られた方は、問診で必ず、生理の事は伺います。

ちょっとしつこいくらいに。

 

生理の周期、日数、量、塊があるか、生理痛など、

周期は、28日が基準ですが、
早くくる方は、熱症状
遅い方は、冷え症状という風に診ています。

 

 

「塊があって、普通と思っていました」とおっしゃる方もいます。

塊は、小さいのが少しなら、問題ないです。

目安は、1センチかな?

 

日数は、3日~7日が目安です。

量は、ナプキンが、2時間とか、もたないくらいは、多すぎます。

 

そんな風に聞いていくと、今まで、自分では、普通と思っていたのに、

改善すべきと気づいていただけます。

 

そして、色は、真っ赤ではないですが、
黒っぽかったら、東洋医学では、瘀血と診ています。

 

鍼灸(針灸)を続けていくうちに、月経血の色が明るくなって、
臭いも変わってきます。

 

 

自分の生理をよく観察してみてくださいね。

それと、毎月、生理がきてくれるというのは、健康な証なので、
自分のお体に感謝してください。

子宮は、毎月、頑張っています!