月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2019.06.21ブログ

妊活中は避けるべき食品①人工甘味料(アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロース)

妊活中は、食べ物にも、気を使いたいですね。

患者さんからよく質問されるのが、
「先生、甘いもの食べたらよくないですよね。」

 

はい、よくないです。

でも、食べたくて食べて、罪悪感で。というのは、本当によくありません。

 

食べない方法を考えたいですね。それは、また、別の機会に話します。

 

今日は、とても危険な人工甘味料のお話です。

 

砂糖はよくないから、カロリーオフを購入しています。
という方。

今日から、それ、やめましょう。

 

カロリーオフの中身は、アステルパーム・アセスルファムカリウム(アセスルファムk)・スクラロース・ステビアなどの人工甘味料です。

 

3大猛毒人工甘味料

 

①アステルパーム

スクロース(ショ糖)の約100~200倍の甘み

疑われる副作用

失明、腫瘍、脳障害、頭痛、気分障害、ポリープ、心臓発作、不眠症、うつ、機能低下、アルツハイマー

アスパラギン酸とアフェニルアラニンの結合物で、フェニルケトン尿症の人は、特に危険。

 

②アセスルファムカリウム(アセスルファムK)

スクロース(ショ糖)の約200倍の甘さ

疑われる副作用

動物実験で、肝臓障害、免疫力低下

動物実験では、妊娠したラットから赤ちゃんへの移行が確認されているので、妊娠中・授乳中は避けるべきでしょう。発がん性はないという研究結果もあるが、塩化メチレンが含まれていることから、塩化メチレンは、発がん性が疑われているので、やはり、疑わしいものは、体には入れたくないですね。

 

③スクラロース

スクロース(ショ糖)の約600倍の甘さ

疑わしい副作用

腸内の良い菌の半分を殺してしまう。薬の吸収を妨げるなど。

 

そもそも、カロリーオフで、ダイエットできるのか?

 

今まで、人工甘味料を使ったことで、ダイエットに成功したという調査報告はないようです。

では、なぜ、ダイエットにいいと言われているのか?

確かに、人工甘味料自体には、カロリーは少ないです。
ゼロではありません。

日本の表示のルールとしては、

100ml当たり、5kcal未満でしたら、「カロリーゼロ」「ノンカロリー」「フリー」「レス」と表示していいと許可されています。
また、100ml当たり、糖質0.5g未満でしたら、「糖質ゼロ」と書いてもいいそうです。
全然、ゼロじゃないやん。

 

人工甘味料は、体内で消化できない。代謝されないので、エネルギーゼロと言われています。
しかし、この循環は、肝臓、腎臓に負担をかけてしまいます。

また、インスリン耐性ができ、血糖値が下がりにくくなり、糖尿病の危険も含んでいます。

 

さまざまな調査結果

①アメリカ国立衛生研究所

264,000人の中高年の方を集め、毎日4本以上、人工甘味料の入った飲み物を飲むグループは、
飲まないグループに比べて、うつの発症が31%高くなった

②ハーバード大学 

3000人以上の女性を11年間追跡調査

毎日2缶以上ダイエットソーダを飲んだグループは、飲まなかったグループに比べて、腎機能が30%低下

③ネイチャー

2014年に人工甘味料は、腸内細菌に作用して、代謝異常を起こす

 

腸内フローラが異常になるということは、免疫、アレルギー、精神疾患など、大きく影響がありそうです。
すぐに、やめましょう。

 

ドリンク、ジュース、グミ、ゼリー、ヨーグルトなど、いろいろな食品に含まれています。

食品を購入するときは、原材料を見て、人工甘味料がないものを選びましょう。

 

 

 

参考文献 トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

世界最新の太らないカラダの本