月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2020.06.22不妊鍼灸

妊娠かと思ったら。妊娠検査薬を使う時の注意点

妊娠しているか、知るために
妊娠検査薬を使う方は多いと思います。

 

正しい使い方を知ってください。

 

妊娠検査薬とは

 

妊娠すると胎盤の中でhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が増えます。

それが、妊娠5週目くらいになると、尿中に出てくるので、
検査薬をすることで、尿中のhCGを測定することで、
妊娠か否かを調べます

ほぼ、正確に測れ、また、尿をかけるだけという簡単な検査です。

 

妊娠検査薬を使うタイミング

 

生理予定日から、約1週間すぎたら、検査するのがよいでしょう。

少し前でも、陽性と出ることもあります。
あまり早いと、妊娠していても陰性と出てしまいます。

 

妊娠検査薬の使い方

 

尿をかけて、約1分(検査薬によります)

検査キットを水平において待ちます。

窓のラインが濃く出れば、陽性です。

薄くラインが出ても陽性の場合がありますので、
3日ほどあけて再検査します。

 

陽性が出たら、病院へ行くタイミング

 

生理予定日から、1週間すぎていれば、
病院へ行きましょう。

つわりは、人にもよりますし、
生理予定日ごろにつわりの症状が出ることは少ないです

妊娠したという自覚はない場合が多いです。

 

早く知ることの方がメリットがあるので、
できるだけ早めに病院に行くことをお勧めしています。

 

 

 

不妊治療