月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2020.06.01ブログ

不登校の症状に鍼灸

今日から、6月。

朝から街では、制服の高校生、体操服の中学生、ランドセル姿の小学生の姿。

日常が戻りつつあると安堵しています。
親子で笑顔の写真

しかしながら、少し気になることもあります。

 

それは、不登校のお子さんの心中です。

そして、ご家族の方の不安、やりきれない気持ちです。

 

今回、夏休み以上に長い、休暇(自粛)の後の登校。

 

楽しいうれしいばかりではない子もいるはずです。

 

例年、9月1日は、子どもの自殺が多くなる日。

今年は、夏休みが短縮される学校も多いので、

学校にいけない、不登校の子供さんの悩みは例年とは、
また違って、さらに複雑になっているのかもしれません。

 

当院には、不登校の小学生、中学生、高校生の
方が通われています。

 

不登校とまではいかなくても、

次の症状のお子さんも来ています。

 

朝、おなかが痛いが、ずっとではない。
病院に行っても、原因がわからない。

朝、頭が痛い。

朝、布団から出にくい。

夜、寝付けない。

など、病気でなくても、
お母さん、お父さんが気になる事がありましたら、
ぜひ、ご相談ください

 

小学生までのはりは、小児はりという方法で、
使う針も刺さない針です。

 

小児はり

 

こういった針で、皮膚に静かにあてます。

なでて使うこともあります。

 

中学生、高校生のお子さんにも、

この手技は使います。

初回、怖いという方には、一切刺さない針で、施術します。

 

どうか、お子さんが安心できる世界でありますように。