月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
2019.10.20ブログ

不妊治療で妊娠した方・妊婦さんの鍼灸の通い方

当院で妊活で通われていて、妊娠された方にはお伝えしていることです。

一般的に知られていない事かもと思いました。

逆子にも、鍼灸は効果的

 

 

妊婦さんの鍼灸の通い方

 

Q.妊娠したら、鍼灸はしていいの?だめなの?

 

A.基本的に鍼灸可能です。しかし、鍼灸をしない方がいい場合もあります。

 

 

鍼灸をしてはいけない時

医師から安静と言われている場合

鍼灸だけでなく、できる限りの行動をやめて、横になること。
座っているより、寝てください。

 

次の場合は、医師に相談してください。

妊娠初期
持病がある場合

 

妊娠経過が順調な方は、鍼灸を受ける事が可能です。

 

妊娠中は、つわり、腰痛、アレルギー、肩こり、便秘、逆子、予定日超過など、
普段より、辛い症状が出る場合もあり、薬も安易に使えません。
そんな時、鍼灸は、安心です。

 

鍼灸を選ぶ注意点

 

妊婦を診ている鍼灸師か、がとても重要です。

妊婦を診たことがない、妊娠について知識がない鍼灸師もいます。

 

妊娠すると、体の変化がどうなるのか、
妊娠にしたがって、どういう症状が出やすくなるのか、
病院での診察を勧めるべき、病気について、判断できるか。

 

鍼灸院でも特色があるので、鍼灸院選びの際は、
この点を気にしてみてください。

 

当院では、不妊症の方は、妊娠後も出産まで、
こころと体のケアをさせていただいています。

鍼灸院の内観