月・火・木:10時~20時/水・土・祝:10時~17時/金10時~13時/休診日:日曜
月・火・木:10時~20時
水・土・祝:10時~17時
金10時~13時
休診日:日曜
レディース鍼灸いこいの鍼灸
私が鍼灸に出会ったのは、約10 年前。
子育ての真っただ中にいた36 歳のときに原因不明の体調不良に襲われ、子育てや家事以外の時間は横になっていないと身体がつらい状態でした。 そんなとき、知人に勧められたのが経絡治療を行なう鍼灸院。半信半疑でしたが、鍼をささずにおこなう施術で痛みがヒューっと消えるのを体験。そこから2週間に1度通ううちに、薄皮をはぐように身体が楽になっていきました。
この体験をきっかけに私は、鍼灸や経絡治療、さらにはベースとなっている東洋医学に魅力を感じ、子育てが落ち着いた40 歳を期に鍼灸専門学校の門をたたきました。その後、クリニックや整骨院で経験を積んだのち、レディース鍼灸いこいを開院いたしました。
サロンをオープンしたのは、勤務時代に女性のお客さまから訪問施術依頼を受けることが多く、女性専門の鍼灸院が必要だと考えたこと。また、以前の自分と同じように不調に悩む女性のお役に立ちたいという思いがあったからです。
多くの患者さんを施術させていただき、お体と心が深くつながっていること。症状を取るだけの、対処療法をされている方がたくさんおられることを感じました。根本を改善しなくては、本当の治療にはならないと、日々1 本1 本の鍼を大切に施術させていただいています。
どうか、あきらめず、健康になることに努力と勇気をもっていただきたいと願っています。

profiles
1969年生まれ。
36歳のときに自律神経失調症やメニエールをわずらい、鍼灸の経絡治療により回復に至る。
40歳から鍼灸の道へ。神戸東洋医療学院にて学び、四つ葉整骨院(兵庫県三木市)大西メディカルクリニック(兵庫県加古郡稲美町)コスモクリニック(稲美町)の勤務を経て、2015年2月6日にレディース鍼灸いこいを開院。現在も学会(東洋はり医学会)にて鍼灸技術の研鑽や研究に取り組んでいる。




レディース鍼灸いこい 小林由起子
レディース鍼灸いこいの鍼灸
少子高齢化社会において、活き活きと活躍する女性が増えることが大切だと思っています。女性の就労率も高くなってきており、女性を主体とした社会が広がってきていると感じます。鍼灸治療の受診者も女性の割合が増えてきています。特に女性に多い、不定愁訴と呼ばれる様々な症状に鍼灸治療が効果を発揮しております。
小林由起子先生は、当学を卒業され、施術所とメディカルクリニックでの勤務を経て、
「レディース鍼灸いこい」を2015年に開院されました。子育てを経験し、専業主婦から鍼灸師の道を進んでおられ、まさしく活き活きと活躍されている女性の一人です。
在学中は、授業の他、サークル活動や学外活動にも積極的に参加され、貪欲に学習をされていました。今も常に自身の診察力、施術力を高める為、研鑽を積まれておられます。
小林先生の患者さんへ向けた言葉が素敵だと感じました。
“日々1本1本の鍼を大切に施術させていただいています。”
“どうか、健康になることに努力と勇気をもっていただきたいと願っています。”
小林先生のご活躍を祈念し、私も同じ鍼灸師としてエールを送らせていただきます。

神戸東洋医療学院
理事長 石橋 尚久

理事長 石橋 尚久